top of page

Great challenge

誠に小さな組織が

開化期を迎えようとしている。



小さなと言えば

明治初年の日本ほど小さな

国はなかった。


産業といえば

  米と絹の農業しかなく


人材といえば

三百年の間、読書階級であ

った旧士族しかなかった。


明治維新によって

日本人は初めて、近代的な

「国家」というものを

もった。


誰もが「国民」になった。


不慣れながら

「国民」になった日本人

たちは、日本史上の最初

の体験者として

その新鮮さに高揚した。


この

痛々しいばかりの高揚が

分からなければ

この段階の歴史は

      分からない。


日本は

ヨーロッパ先進国と同様

海軍陸軍を持とうとした。


とにもかくにも

近代国家を作り上げるこ

とが維新の大目的であり

新国民たちが少年のよう

に抱いた希望であった。



AERO CONCEPTは

Transporter The Cabin

を契機に


この時代に似た高揚感と

新たな世界に挑戦する

組織となった。



挑戦は成功と限らない。


登ってゆく坂の上の青い

天に、一朶の白い雲が輝

いているとすれば


それのみを見つめて坂を

登って行くであろう。



挑戦する我らを

 暖かく愛を持って

見守り、励ましてほしい。


職人拝:菅野敬一

出典 : 司馬遼太郎「坂の上の雲」より

Photographer : Kei SUGANO











Comments


bottom of page