T-7A RED HAWK

1986年に公開された『トップガン』—— 全世界が熱狂し、数々の記録を残したアクション超大作。


究極の“リアル”を求め、IMAXカメラを機内に搭載し撮影を敢行。全てが今だからこそ最高レベルで実現した、究極のスカイ・アクション続編が、ついに公開を迎える。


アメリカのエリート・パイロットチーム“トップガン”。


かつてない世界の危機を回避する、絶対不可能な 【極秘ミッション】に直面していた。 ミッション達成のため、チームに加わったのは、 トップガン史上最高のパイロットでありながら、 常識破りな性格で組織から追いやられた “マーヴェリック”。


なぜ彼は、新世代トップガンとともにこのミッションに命を懸けるのか?

タイムリミットは、すぐそこに迫っている。


URL : https://topgunmovie.jp


URL : https://youtu.be/LXPVEXWPOEU


そんな中、BOEINGが最新訓練機のラインナップを発表。


Boeing/Saab T-7は、ボーイング社とサーブ社により開発されたアメリカ合衆国スウェーデンの高等練習機


T-38 タロンを置き換えるために高等練習機(TX)プログラムの勝者として2018年9月27日にアメリカ空軍によって選定され、2019年9月16日に制式名称「T-7A レッドホーク」と発表。


URL : :https://www.boeing.com/defense/t-7a/index.page#/video-player/second-boeing-t-x-first-taxi


女性テストパイロットが印象的。

URL. :

https://youtu.be/rj1quG2EaDo


単発エンジンの高等練習機で、双垂直尾翼、タンデム座席、ゼネラル・エレクトリック社のアフターバーナー付きF404ターボファンエンジンを搭載。


双垂直尾翼は良好な安定性と制御を提供し、ブームとレセプタクルを使用しての飛行中の燃料補給が可能。


2018年9月27日に、ボーイングT-XがT-38に代わってアメリカ空軍の新しい高等練習機になることを正式に発表。


導入予定は351機とフライトシミュレータ46台、予算は92億USドル。T-38より高度なアビオニクスを搭載し、F-35への移行を想定した訓練が可能。


2019年時点で、日本をはじめとした海外への売り込み、軽攻撃機(COIN機)への転用も。


機材が進化する中で、パイロットの技能伝承は地道な取り組みから伝承されている。

AERO CONCEPTもAEROCRAFT TechnologyをBody全面パネルにも纏うことで新たな機能と進化を遂げた。


Super Transporter CABRIOLET Black Anodize A3W with Fall'n Love Double Locks.

                  FlagshipとなるExcellent Model 。


出典:TOPGUN2 site

WIKIPEDIA

BOEING  site

Photographer : Kei SUGANO

Photographer : Kei SUGANO

出典:BOEING

出典:BOEING


閲覧数:58回