Switzerland Ju Air


若き青年がかつてスキーに打ち込んだスイスの山岳地帯を遊覧飛行するJu-Air。


このAir lineは、スイス空軍の旧Ju-52航空機との観光飛行を組織することを目的に設立された協会。

このグループはボランティア活動に基づいて、チューリッヒ近郊のデューベンドルフ軍用飛行場にある空軍センターを拠点に、現在約7,000人の会員を擁するスイス空軍友の会(VFL)が、Ju-Airの現在の支援組織および航空機の法的な所有者として機能している。


Ju-Airは、スイス空軍から民間航空への3台のユンカース52(HB-HOP、HB-HOS、HB-HOT)の移管のために、スイスで寄付が集められ1982年に設立。 3機のJu52のうち2機(HB-HOSとHB-HOP)は、1983年に観光飛行のために就航。1985年に3番目のJu52(HB-HOT)が稼働。


ガソリン用のBMWエンジンは、連邦民間航空局によって認定され、1998年にメンヒェングラートバッハでの運航が開始され、HB-HOYが主に運用された。


Ju52就航以来、約90年メンテナンスを続けた機体はスイスの山々を眼下にフライトするツアーが話題となり、航空ファン以外の方々にも有視界飛行による山岳ツアーとして話題に。

夕焼けを眺めるサンセットフライトが特に魅力的であった。


2018年8月4日、HB-HOTに関連する事故が発生。残念ながらその後のフライトは実現できていない。


若き青年の思い出、サンセットの美しきフライトはSUGANOの心にも深く刻まれている。


Ju52といつか再会できることを願いつつ、Ju52の機体構造と変わらぬAERO CONCEPTの作品制作に没頭する日々を続けよう。


URL : https://www.ju-air.ch


https://youtu.be/ugVjR5-SgpI

https://youtu.be/GwMiDNAfL0E


出典:Wikipedia




出典:Ju air



閲覧数:38回