Pan AM Clipper Business Class

人々の活動は徐々に以前の生活を取り戻しつつある中で、北半球は太陽の季節に。

この数年、自宅に籠ったLife styleからActive styleに移行しつつ有る。そんな中で、かつてのFlightが目に留まる。


PAN AMは1960年代にかけて、乗客の国際化と多言語化、アメリカの公民権運動活発化に合わせ、南アメリカ系アメリカ人や日系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人など多民族客室乗務員を採用。


1955年に採用が開始された日系アメリカ人の客室乗務員の採用時では、日本語話者であることが条件とされた。同時期に日本やイギリス、西ドイツやカリブ海諸国等外国人の様々な職種社員も採用開始。

国際路線化に大きく舵をきった。


ボーイング707の開発過程では、かねてから顧問を務めていたチャールズ・リンドバーグとともに、豊富な国際線運航経験をもとに数々の要求や注文をボーイングに投げかけ、同機の開発に大きく貢献。


その後1958年秋にボーイング707の初号機の引き渡しを受け、大西洋横断路線における最大のライバルである英国海外航空による、DH.106 コメットの最新型であるコメットIVの就航に遅れることわずか1カ月程度の同年10月26日ニューヨーク-パリに就航させたことを皮切りに、日本航空や英国海外航空などのライバルに先立ち世界一周路線を開設。

太平洋横断路線を含む世界各地への路線へ就航させてゆく。


Youtubeで当時の記録を見つけた。

https://www.youtube.com/watch?v=uZsKBX6mgb4&t=210s


https://www.youtube.com/watch?v=oIr34dCFK7g&t=1s


この動画には生き生きと当時の海外旅行が特別なものであったことが窺える。

当時のStyle も参考に「2022年現代の旅」を楽しもうではないか。


SUGANOも「Mid centuryの香りを纏ったAERO CONCEPT」を携えて旅に出よう。

ノスタルジックな旅に。


出典:Wikipedia



閲覧数:52回