top of page

Emijah cozeni

この夏、新たな視点でのもの創り。

SUGANO Collection "Emijah コッゼーニ" を作ったんです。


お金って、価値尺度とか交換機能とか、その存在意義があるようですが

紙幣も硬貨もそれ自体に価値がありますよ。


考え尽くされたデザイン・使いやすさ・綺麗な色彩など素敵なところばかり。

汚れ古びた経年変化を見ると、人から人へ渡り歩いてきた

長旅なんかも想像できますしね。



それで、コインケースなんか楽しみで作ってみた。

キャッシュレス時代という言葉をよく聞く。


便利と効率を求めるのは悪くないかもしれませんが、

そんなに楽しい時代にはならないように感じる。



持つことの喜び

家族・孫に手渡す喜び

時を超えて使い続けるなつかしさ


SUGANOの財布のコイン年号をふと覗くと


昭和40年の50円

昭和48年の10円・100円

平成2年の1円

平成30年の100円


いつも半世紀を超えた時代が財布の中に。

コインは人々の生活の中で循環し半世紀を超えて息づいている。



この夏休みに、そんなタイムトラベルを楽しもうではないか。


このコレクションも新たなオーナーのもとに旅立つ。

Photographer : Kei SUGANO

撮影協力:箱根ラリック美術館

Σχόλια


bottom of page