Donald Wills Douglas

航空産業は旅客が主要となった現代ではあるが、貨物輸送を伸長させた技術者がいた。

彼は1915年にシコルスキー社に入社し、海軍初の飛行船であるDN-1の設計に参加。

その後、グレンマーチン社に入社し、23歳の時にチーフエンジニアとしてマーチンS水上機を設計。その技術を高みに育てる。


ドナルド・ダグラスは非常に高く評価された技術者で、大胆な企業家であっただけでなく、第二次世界大戦が近づくにつれて彼は驚くほど先見性を証明した。


1936年には有名なDC-3を送り出す。DC-3はダグラスの民間部門を一躍トップシェアにした上に、アメリカ軍の輸送機C-47 スカイトレインのベースでも知られている。


その後継機であるDC-4もベストセラーに。このDCシリーズは近代的な旅客機の代名詞となる。多くのダグラス製航空機は非常に耐用期間が長く、DC-3やDC-4は21世紀初頭の今日も多数が現役。

第二次世界大戦はダグラスに大きな成長の機会を与えた。


日本軍による真珠湾攻撃の1年半前、ダグラスは「アメリカの航空にとって運命の時」であると記し、航空機産業がその必要性を満たすことができるとの確信のもと航空機を小ロット生産する小さな会社から、生産ラインで航空機生産する会社に転換。


航空機産業はアメリカの産業の中で41位から5年足らずで1位の座を占め、1922年には従業員68名の小さな会社のダグラス・エアクラフトは、アメリカで第4位の大企業へと急成長。


大戦終結までにサンタモニカエルセガンドロングビーチトーランスタルサミッドウェストシティシカゴに工場を所有しており、1942年から1945年の間に約3万機が生産され、従業員は16万人に膨らんだ。


機能的に積み込む・飛び運ぶことで付加価値を纏った航空産業。

軽量・機能的な運輸システムはその価値の大表的なtechnologyとなる。


パネル素材の持つ艶やかさと

     スクラッチ仕上げの美しさ。

唯一無二のsystemは見る者を圧倒する。


Trans porterそしてCabrioletにその機能を追加することで新たなAircraft technologyを纏う。



出典:WIKIPEDIA



Photographer : Kei SUGANO




閲覧数:25回