母:田中佐太郎の教え

田中傳次郎氏の母は、歌舞伎囃子方

の家元。


「楽しちゃいけない、続けなさい。

良かったですね。はい、もう一回。」


とお稽古は延々と続き、女性ながら

父の後継者となり田中佐太郎を襲名。


囃子大皷方亀井忠雄さん(人間国宝)

と結婚され、3人の息子さんを育て

られた。


小さい内から正座をさせ、稽古場に

入って、着物に着替えて向き合った

瞬間に、もう母子ではなく芸の伝承

世界に入っていく緊張感があった。


母: 田中佐太郎は師匠となり、厳し

く息子3人に、父の芸を教え込み


長男を能楽囃子方に

次男と傳次郎氏を歌舞伎囃子方に。


鼓は、鼓らしい音がでるまで10年

思うような音になるまで15年。


そしてこの段階に至ってやっと

  「下手になったといわれる。」


「思うような音がでるようになる

までは評価の対象にすらならない。


「下手になった」ということは

やっと評価されるレベルになって

きたということ」


この母の教えがあってこそ傳次郎

氏は歌舞伎の世界を歩まれている。



出典:NHK 「鼓の家」

Photographer : てるうちきよし

Photographer : てるうちきよし

Photographer : てるうちきよし





53回の閲覧

Recent Posts