創り手の思い

一つ一つ、物づくりの始まりには

多くの思いがある。


それは強度や軽量化、効果、効率

といった実質的な、または目視で

きる部分だけでなく


目に見えない粋、遊び、優しさ、

思い遣りや潔さといった事まで。


盛り込みたい感覚は研ぎ澄まされ

そして楽しむ。



通常ならケース構造体は外から

思考を組み立ててゆくもの。


今回は内部からの絵を描きはじめ

六百年以上のヴィンテージ鼓に優

しくも確固たるガードを提供する

内装の妙が在って始まる。


外壁構造体は、ダブルリブ構造の

フレームを採用。


さらに、この収納ケースは、蓋を

開けた時につづみの革の約1/3が

優雅に覗く構想に。


本体と蓋を約二分割としたケース

の強度不足を補うため


ダブルリブ構造に本体と蓋の8面

の壁全てに横方向に配置した別の

アルミの柱。


大型ケースに採用する壁の構造が

このケースの内装の動きにも有効

に。


そんな試行錯誤が具現化した作品

となった。


Photographer : Kei SUGANO

Photographer : Kei SUGANO

65回の閲覧

Recent Posts